ホルモンの材料となるコレステロール。お肉を食べたら女性ホルモンは増える?

ふっくらとした体は乳房が大きくなったり、おしりがプリントしたり、女性性を表現しますよね。
お肉を沢山食べたら、女性ホルモンは増えるの?というイメージを持ちがちですが、それは間違い。確かに、お肉に含まれるコレステロールはホルモンの原料となる大切な栄養素の一つです。
ホルモンの材料となるコレステロール。お肉を食べたら女性ホルモンは増える?
しかし、バランスの良い食事や規則正しい生活により、体内でホルモンをしっかりと作りだすシステムが機能していないと効果は激減。
逆に体に悪影響を及ぼします。
ホルモンの分泌を増やすためにコレステロールは欠かせませんが、お肉はコレステロールを作るタンパク質や、女性が不足しがちな鉄分と言った栄養素も含まれるため、女性にとってはなくてはならない食材なのです。
お肉は、赤身肉が良いとされています。
脂身が少ないお肉のほうが、腸内環境にもそれ程害を及ぼすことも無いそう。
食べ方としては、できるだけ脂身を落とすか、脂身の少ない部分のお肉を選んで、煮る・蒸す・焼くなどしてさらに油分を減らすのが理想的。バーベキューなど、炭で焼くのもベスト◎。
それぞれの調理法で、油分の約40%は落とすことができると言われています。お肉に含まれる鉄分は野菜に含まれる鉄分よりも吸収率もよいため、美肌にも効果があるとされています。
つまり、お肉を摂ることでホルモンが生成しやすくなり、その結果体に影響を与えるということ。
しかし、お肉が好きだからと言ってたくさん撮りすぎるのも、腸内環境を悪化させる原因にもなります。過剰な肉食はなるべく控え、お肉を上手に活用して摂りいれていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>